サムスングループ初の海外拠点であるサムスンC&Tジャパンは、1953年から日本で事業を展開し
日本と韓国を結ぶ掛け橋の役割を果たしてきました。
サムスンC&Tジャパンは、この64年間の長い経験を基に事業での力量と役割を強化して
グローバルビジネスの中心拠点となろうとしています。

    • 2013年

      10月 本社事務所を六本木より品川へ移転

    • 2012年

      5月 日本サムスン株式会社 分社化に伴い
      「サムスンC&Tジャパン株式会社」操業開始
      (資本金 30億円)

      1月 「サムスンC&Tジャパン株式会社」設立

    • 2003年

      11月 日本サムスン本社事務所移転(港区六本木)

    • 1998年

      1月 日本サムスン株式会社を設立
      (サムスンジャパン、サムスン電子ジャパン
      およびサムスングループ社13社の連絡事務所を統合)

    • 1993年

      3月 事務所移転(中央区日本橋浜町)

    • 1989年

      1月 サムスン電子ジャパン設立
      (神田須田町オフィス)

    • 1975年

      12月 サムスンジャパン株式会社設立、法人となる

    • 1953年

      10月 サムスン物産株式会社 東京支店開設
      (グループ最初の海外拠点)

  • 六本木ティーキューブ,竣工/入居
    [2003年]

    六本木ティーキューブ
    竣工/入居

    日本サムスン発足,(日本橋に拠点集約)
    [1998年]

    日本サムスン発足
    (日本橋に拠点集約)

    サムスン電子ジャパン, 設立,(神田須田町オフィス)
    [1989年]

    サムスン電子ジャパン
    設立
    (神田須田町オフィス)

    サムスンジャパン設立, (当時の業務風景)
    [1975年]

    サムスンジャパン設立
    (当時の業務風景)

    サムスン物産 東京支店開設 (日本橋堀留町)
    [1953年]

    サムスン物産 東京支店開設 (日本橋堀留町)